夫婦でずっとベトナム暮らし

アラフィフ夫婦のホーチミン移住ほんわか日記。

いよいよベトナムへ!(Ho筆)

11月25日 ホテルで目覚め、ゆったり準備して、最後にやるべきことを整理する。

チェックインして座席がわかったところでベトナムに送る医療申告書を作成完了する。
間違えないようにしないといけないので、、、、ゆったり時間を取ろう。

外は雨、今日は天気が悪いのだな。温度も下がっている。
成田空港へはシャトルを使うので傘もいらない。
ヒートテックとTシャツの重ね着とショールグルグルで温度調整。
ホーチミンにいったら暑いのだから・・・

定刻通り

ホーチミンは定刻通りの予定。
ホテルで最後のチェックしているときに、
あったらいいな・・・フェイスパックなどを買い足す。

出国前のフロア


空港では、ほとんどお店がやっていません。
現在(11月25日)は、これらのみ。
マツキヨでパックなど購入したら、スーツケースを取りに行く。

クロネコヤマト窓口だけ空いていて、お客さんもほぼいない状態。
ヤマト

重たいスーツケースをカートに乗せてくれて、行ってらっしゃい!と
担当の方に声がけされる。
いつもの旅とはちょっと違うけど嬉しいのよね。

チェックインもスムーズに行く。
荷物が重いから超過金額を覚悟していたのだけれど・・・・
今回は特別便で、それなりの高い金額をお支払い。
カウンター担当の方が調べてくれてOKです、問題ないですよと。

でも重たい!!!ラベルも当然、括られました。
すみませんねぇ・・・・。
超過ラベル

さらに・・・ラウンジご利用くださいと。
そっか、今回は・・・そうよね。

出国前に、医療申告を済ませようと思ったけど、ならばラウンジでゆったり落ち着いて
送信しようと。
出国ゲート、荷物チェックもスムーズに進み・・・

JAl桜ラウンジ


ラウンジでゆったりコーヒー飲みながら、医療申告フォームを記入。
座席、隔離施設後の連絡先、緊急連絡先・・・など。
ベトナムでしか使ってない、まだ覚えていない住所や名前を冷静に
何度も見直しながら入力。

送信するも2回ほどはねられ、、、修正しながら、どうにかこうにかできた。
(ブラウザの相性が悪いと、、、一発で行かないのもストレスよ)


送信完了


QRコードが無事に送られてきたので、それをスクリーンショットして保存。
これで本当に完了です!!

ベトナムのスタッフにも写真を送り完了を報告。
やったーーーーーーーーーーあとは搭乗、離陸を待つのみ。

では、行ってきます!!


移住生活ランキング

成田へ移動(Ho筆)

日本は、月曜日が勤労感謝の日で祝日。今年、最後の秋の連休。
コロナ感染の勢いは止まらない。
Go To Travel キャンセル無料がされないもんだから・・・そりゃいくよね。

こんなことになるとは思わなかったから、最初は東京のホテルを予約していた。
仕事で打ち合わせ入れたり、友達と会ったりしよう・・・
でもみんなキャンセルした。
申し訳ないけれど、これまでの2ヶ月間、大勢の方々に協力してもらったことを
最後の最後で台無しにしたくないので・・・なるべく危険回避する。

成田へ


ってことで、ギリギリまで愛知県にいて、前日、成田空港近くのホテルに宿泊。

成田空港からシャトルバスが出ているので、バスタ新宿から高速バスで
成田空港へ。バスタも朝早く行ったので人は少なかった。(連休終わりだからかな)
ガラガラのバスで成田空港へ。

ガラガラ成田空港1124

成田空港もガラ〜〜〜〜〜ン。
そんななか見かけたのは、
ベトナムから日本にやってくるベトナム人、中国の人たちもいたかな。
とにかく人は少ない。

働いている方のが多いかも・・・航空会社の方、少し開いているお店の人、
警察官(結構いた)・・・・そして

成田SECOMロボ

SECOMのロボットがぐるぐる巡回していました。
警備ロボットを目の当たりにするとは・・・
未来か・・・・笑


スーツケースをクロネコヤマトで運んでもらったので
集荷の場所をチェックしたりして明日に備える。

コンビニエンスストアは地下と4階(第二ターミナル)フロアにはある。
スターバックスもやってる。
吉野家もやってるなーーーーなどなど。

そしたらニュースで聴いてた・・・

成田pcr検査

成田空港にもできたPCR検査のお知らせも表示も。

いつも人でごった返している空港だと、人ばっかり見ちゃってるんですね。
いろいろなものの確認ができた・・・

ということでホテルへ。
広めの部屋でゆったり。

最後のチェックをする。

書類完了

明日、航空会社へ提出する書類完了!

あとは、医療申告用紙に記入して送信するだけ。

これも慎重に記入して、ベトナム人スタッフにチェックしてもらってる。
間違いいくつもあって、、、、
あーあー結局最後まで一人では何もできない、、、、
52歳のおばちゃんです。

でも明日は出国、だいぶ気持ちが楽になってきてる。
あ〜〜〜お風呂入ろ。


移住生活ランキング

出国(ベトナム入国)に向けて・・・(Ho筆)

昨日、PCR検査の陰性証明書を取得したことで
ここから一気に進みます。

同時並行していた、

航空チケットの確認、空港で提出すべき書類のコピーと念のために
データで持って行くためCD-Rにもしておく。

今回手荷物は、42キログラム(スーツケース2個分)までOKなので
詰め込むだけ詰め込む。
夫Seiとともに楽しむお酒を・・・と思ったのですが今回は・・・
仕事用の資料が多くて・・・ごめん。

あと、ベトナム人スタッフのお土産などにね、重量を使います笑


荷造り

一昨年、2018年、10月31日に旅立ってベトナムに行ったんですけど・・・
わずか2年で、もう一度振り出し。

スーツケース2個は、本日成田空港へクロネコヤマト便で送りました。
新幹線で運ぶには辛すぎる。
この荷物を一人では当然無理だし、体力あったとしても
荷物持ち込みの予約も必要。


そして、このコロナ第3波、、、、、というか
連休で人々が大移動している中スーツケースごーろごろは大変です。

速やかに移動します。
このほかにも、仕事用で持ち運ぶ、パソコン、ハードディスクやらで
手荷物パンパンです笑

いつものこと、と夫は笑いますが・・・今回、写真送ったら、意外にコンパクト、と返ってきました。
重いのよ、これ、ずっしりだから・・・・笑


ひとまず、荷造りも終え、なんとか25日の出国に向けて準備しています。
もう行き来しているから準備は慣れてる・・・つもりが
昨夜、遅くまで、どれを持っていくべきか、残すべきか悩んでしまった。
スーツケースにしまうもの、手荷物で入れるものの仕分けをしつつ、
あれやこれや悩みつつ、ギリギリでやっとクロネコヤマトの集荷に間に合わせた。

明日は、渡越最終チェックと東京移動に向けての準備。
実家母親と凸凹生活もいよいよ終わり。
なんだかんだ言いながら、親ってすごいなーと感じた時間。

それもこれから整理しつつ、緊張感を保ちながら成田へ。


移住生活ランキング

PCRの検査結果は・・・バタバタしたけど陰性でした〜(Ho筆)

11月21日 土曜日。
大袈裟にいえば、運命の日です。
今日、クリアすれば・・・ベトナムがグッと近くなる。

事前に電話がないってことは大丈夫だよな、と思いながら朝からちょっと緊張気味。
昨日の雨とはうって変わって晴れ渡る空。
落ち葉の彩りは、秋の複雑な味わいを増しまして・・・

IMG_4166

20度近くあるというので昨日よりも薄着で出かけたら、
北風が吹いててちょっと寒かった。
9時過ぎに家を出るけど、やっぱり不安なんですよ。

不安顔炸裂!

IMG_4169

マスクとコンタクトだけど、メガネもして完全防備で病院へ。
病院で受付に行くと、用紙が準備されてて

「陰性でした、こちらもチェックしたので、座って最終チェックしてください。
 トリプルチェックしましょう・・・」と。

あまりに通達はアッサリ・・・でしたけど。
身体に駆け巡るハッピーホルモン。

わぁ〜〜〜〜嬉しい!
ニンマリ、ニンマリ
看護師さんにエアーハグしまして、冷静に座ってチェックを。


控え用の書類とにらめっこ。

Not detected(➖)

う、う、う、嬉しい、これが欲しかったのよ。
いやぁ〜 浮かれていたんですね、これに、この1点に!

もっと事細かくチェックしなくちゃいけなかったのに・・・
名前よし! 年齢よし! パスポート番号よし!
ホテル名と住所、これを何回もチェック。

病院の名前、サイン、印鑑もある!

よしよし、オッケーーーー
夫Seiとベトナムスタッフに連絡。
あーよかったよかった・・・・・・・・・・・・で病院を後にしたんですよ。



でも、でも、でも〜〜〜〜〜〜〜
肝心な日程が間違っていることが判明!!!

検査した日付は、20 Nov 2020 あっているのに
発行日が・・・・21 Oct 2020

日付間違いPCR


おいおいおいおい、いかんいかんいかん・・・・ここが一番大事なのだ!!
急いで修正してもらう。


IMG_4161



はい、無事修正してもらいました。セーフ、セーフ、セーフ・・・
冷や汗たらたらたら〜〜〜ん。。。
最後の最後まで気を抜いてはいけない、ってことですね。



IMG_4168


落ち着こう、落ち着こうと、近くのミスドで甘いものをIN。
ふぅ、、、、でもこれでひとまず、難しい、めっちゃ大変だと思っていた
数々の壁を無事クリアできている。
(ほとんど大変なとこはベトナムスタッフにやってもらった!!)


帰宅したら、
私のバタバタを全て見ている82歳の母親も、よかったねぇと。
明日、スーツケースを成田空港に送るので荷造りを始めます。


移住生活ランキング

PCR検査へ、渡越5日前ドキドキ・・・(Ho筆)

今朝はPCR検査の日。

PCR検査結果について


本日の愛知県の朝は雨。
でもあったかい、気温が20℃以上もある。
何を着て行こうか・・・悩むなぁ。


病院までは、およそ1時間。
家を9時半には出て焦らないように。
時間帯的には出勤ラッシュは終わってるけど、街中まで行くと
人は多いだろうから、地下鉄も暑いかな・・・とはいえ寒さを感じると嫌だし。

ヒートテックと薄手のセーターを重ねて出る。
雨傘をギュッと胸の前で持って、早めに駅へ。
スニーカーがじわじわ濡れて来る。

とにかく検査を無事に終わらせたい、気持ち一心で病院へ。

私が選んだはのは、金山駅・南口すぐにある金山ファミリークリニック。
ビルの6階でエレベーターが開くと、フロアすぐ受付。
小さいけれど、明るくて清潔感がある。日差しも明るい、和らぐ。

受付で、まとめていた書類を出すと、看護師さんはさささっと確認。
2週間の体温表をみて、朝の体温をもう一度チェック。
問診票、PCR検査承諾書、パスポート、パスポートのコピー、隔離施設の予約確定書。
飛行機に乗る時に提出するための、PCR検査証明書のマザー

書類は整った、完璧さ! と思っていたら・・・・
私はマザー紙に、ベトナムの滞在住所を書くところ、
自分の自宅、住所を書いてしまっていた。
必要なのは、隔離施設、ホテルの住所。

あぁぁぁぁ、ベトナム語の表記で丁寧に表記したのに、、、、汗。
焦ってホテルの住所を確認。
ベトナム人スタッフに慌ててメールしたら、英語表記を送ってくれた。

病院の先生も、それはありがたい!(ベトナム語はパソコンで打てないから)と
メールを転送。
院長先生(Dr.小林昌明氏)がとても丁寧で、PCR検査前にこんな時間をとって
やりとりしてくれると思わなかった、です。
ご自身、中国上海でクリニックを開業、運営していた経験も。
だから海外に行く人たちの苦労をわかってくれている。
ベトナムのPCR検査の日程も真剣に数えて確認してくれた。


じゃ、検査するね、ちょっと待ってね、支度するから!!と10分ほど待たされた・・・
Hoさん〜〜どうぞ、と部屋に通されると・・・
1室、pcr検査用ためだけの部屋になっていた。
衝立で仕切られ、手だけが動かせるようになっていて、私の鼻に綿棒をグググっと突っ込んで
10秒ほど待たされた、またグググと回転されて終わり。
くしゃみ出そうで、我慢した。

先生と看護師さんは、このためだけに、フェイスシールと、マスク、手袋もして
私の検査が終わったら、それを解く。
あぁー話には聞いていたけれど、大変だ。
他の診察もあるのに。本当にコロナって奴は厄介です。


ということで、無事に検査を済ませた。
体調に異常はないから、多分大丈夫だと思うけど、
明日の午前中に結果をもらいに行く。
 *再検査の場合は、こちらから連絡します、、、とある。
ないってことは・・・大丈夫かな。期待!!


気分はもう離陸ってことで

美容院ROSY


美容院に行って、白髪を染めて、久々に髪の毛もカット。
20年ぶりくらいにショートカットにした。
気持ちいい〜〜〜〜!

さぁ、明日の朝また病院へ。



移住生活ランキング

隔離施設は自宅から遠いけれど・・・(Ho筆)

航空チケットも確認できました。
明日のPCR検査にやっぱりドキドキ。

こういう時に限って仕事も重なり、スケジュールを整理する。
向こうでサクサクwifi充実で仕事できたら集中できていいのだけれど
行ってみなくちゃわからない笑
それがベトナムあるある〜 怒りより、笑って仕方ないなぁ〜〜〜感覚が戻ってきた。


ベトナムのスタッフが手配してくれたホテルは・・・

IMG_4115

自宅からタクシーで1時間50分かかる。

ってことは・・・空港から2時間超えますね笑
一応、ホーチミンなんだけど、、、

そう、私はベトナムで仕事する人ではないので、隔離施設は安いに限る!
空港近く、都市部にも隔離施設はある。
近いし便利だしサービスもいいでしょう、でも、当然それなりの値段です。

夫Sei曰く。部屋から一歩も出られないのだから、都市部のホーチミンの
見慣れた風景よりもリゾート気分の方がいいんじゃない?! と。

そりゃそうだ。。。
部屋も一人で過ごすには十分すぎる広さみたい。ヨガやり放題!!


何よりも、ベトナム人スタッフの選んだ理由を最優先する。

1. 価格が一番安いから。
2. このホテルは、デポジット無しで「ホテ ル予約確認書」を提供することをサポートし てくれる。
  (入国管理局承認書を受け取るよう「ホテ ル予約確認書」は
  入国管理局に提出しなけれ ばならない書類の一つて)
  他のホテルは「ホテル予約確認書」の提供に
  デポジットとして全額の
50%(返金不可) を先払いしなければなりません。
この場合 Airlines1125日に運航 することを確信していないため、
デポジット を失う可能性が高いです。 

いろいろ考えての選択。ありがとう〜〜〜問題ありません!!


カンゾーという風光明媚なところ。
観光気分になれる、いーところ。楽しみにする。

そしてベトナム人スタッフから・・・
Hoさんは、食べ物のアレルギーありますか? と質問が。
なんだなんだと資料を開封すると・・・


ホテルメニュー


1週間分のメニューがwww
これ2巡するのね。フムフム・・・フムフム・・・

好き嫌いはないから大丈夫。
オレンジジュースをコーヒーやビール(ハイネケン、タイガービール)に変更可www


味を変えるスパイスとか持って行こうかね。


移住生活ランキング

特別便搭乗についての案内(Ho筆)

クリスマスにはベトナム・・・にいたい。


マッチクリスマス

現実味が帯びてきた。

お土産用に買った、マッチ箱クリスマスツリー。
間に合いそうだ・・・・
うん、あとちょっと。1週間!




夕方、ベトナム人スタッフからメールがたっくさん送られてきた。

というのも、25日の特別便に向けてチケットの支払いを済ませてくれた夫のSei。
スタッフにお金を渡して、無事に振り込み完了。
私がカードで支払ってもよかったのだけれど、航空会社とのやりとり窓口を一元化、
私の負担を少なくしてくれていて・・・ありがとう(涙)


無事、承諾されたってことで、当日持っていく書類あれこれ、、、が送られてきた。

1 市省人民委員会からの許可のコピー
2 入国管理局からの VISA 発給承認レターのコピー
3 隔離指示書のコピー (ホテル予約、ホテルまでの輸送手段手配等)

4「ベトナム入国後、PCR 検査で陽性となる場合には、医療費は、会社(お客様)負担となる」旨確認する

  レターのコピー、若しくは新型コロナウイルス感染症治療費が対象となる保険証書のコピー(英語)

これと、 PCR 検査(Real Time-PCR)を受け、
陰性証明書をご搭乗当日必ず持参

ここで結構重要なことが・・・・と、連絡あり
*突然空港検疫より事前提出を求められるケースも過去あったようで、
  陰性証明書を取得され次第、
  弊社担当者に電子データ(スキャン若しくは写真)を送付する、ということを念押しされる。

データーで送るのね!!

そうね、ただただ・・・pcr検査結果が全て。
大丈夫だと思うのだけれど・・・・明後日、検査。
なんとか無事に過ごしたい。


でも、今日、日本の新規感染者が2000人を突破。
これまで最多の2089人の確認。
東京で493人  
愛知県は5番目に多くて、141人。

Go toトラベル、Go toイートを推し進めていた空気が変わったなぁ。
そんな中連休もある、ここ最近は過ごしやすく、
穏やかで20度を超える小春日和の気候。
のほほ〜〜〜ん出掛けたくなる。
でも秋から冬の気配で空気は乾燥している。
気を引き締める・・・・

なかなか痺れるスケジュールである。

25日にホーチミンに向かう130人は、
そんな気持ちでこれから1週間過ごすのだね。
 


移住生活ランキング

運航公式メール受理 (Ho筆)

昨日は11月25日に離陸する、
成田発ーホーチミン行き
搭乗者の資料提出締め切り日。

承諾書やホテル予約確認書など、8種類をデータ提出。
9つ目の陰性証明書は空港で後から、持参する。

8種類を整えてくれたベトナムスタッフに心から感謝です。
あとは、運行がきちんとされるかどうか、(10名以下だと飛ばないとか、
いろいろな理由があって・・・)航空会社からのメールを待つのみ。

IMG_3986

苦いのと甘いのと、心穏やかに・・・平常心、平常心・・・でも
ドキドキしながら・・・・


そして今日、夕方届いた。

We received official email from Japan Airlines confirm that they will operate flight JL759 on November 25th. 

JAL便は正式に運行するとメールが来たって連絡。
ということでチケット代を振り込むこと。


あぁぁぁぁ・・・
本当に帰れそうだーーーーー。
もしかしたら12月になるかも・・・・来年かも・・・・と思ってたけど。
現実味が帯びています、どんどん。


ということで、あとは金曜日に受けるPCR検査。
陰性であること、ちゃんと証明書をもらうこと。

病院の問診票や、PCR検査承諾書や、ホテル予約確認書や、パスポートのコピーや
2週間分の体温チェック・・・印刷して揃えた。

体調管理をいつも以上に。
来週は成田駅近くのホテルにいるのだ。
そして旅立つ。

カウントダウンしよ・・・




移住生活ランキング

ホーチミンの入国管理局にて書類拒否された時のこと(Ho筆)

先月(10月22日)のことを記録しておく。

無事Step1をクリアして、次のミッションは入国管理局。
ここで書類を承諾されない事例が起きる場合がある・・・ということを
領事館の説明会でも受けていた。
でもね、まさか自分が当たる・・・とは。


スタッフから、承認がうまく行きませんでした、、、と連絡を受け
私はガーン、ガーン、ガーーーーン! で凹む。

夫はベトナムでは正攻法ではクリアできないことはしばしばある、
その場合は、違う方法でアプローチしかない。
方法はいくつかある、とのことで・・・もうこれはお任せすることにした。
経験のない私にとってはもうお手上げなのである。

心に秋風が吹き抜けた、、、、ぴゅぅぅぅぅう〜〜〜

IMG_3977

そもそも、なぜ書類が拒否されたか。
日本では考えられないのですが・・・
現在、住んでいる場所はホーチミン。
自宅もある、夫の仕事場も。
だから当然、ホーチミン市の役所に書類提出。

でも・・・・夫の会社、本社はハノイにある。
ホーチミンの支社で働く前はハノイ本社で仕事をしていた夫。
書類は全てハノイで手続きをした。

で、妻の私・・・帯同者としてホーチミンで入国したのだけれど書類の手続きはハノイ。
つまり、ここを突かれた。

日本だったら、色々説明して(書類書かされたりすることはあれこれあっても)
分かってもらえることも多い。
役所のことは手続きが複雑とはいえねぇ。
でもベトナムは、ベトナムのやり方があるのよ。
ダメと言ったらダメ、と言われるのよ。

そこで活躍してくれたのが、わがベトナム人スタッフ!
いったんは引き下がり、別日に入国管理局へ。

断られた人とは違うところから提出へ。
(この1行で書けるほど簡単だったかどうか・・・やりとりの詳細はわからない)
とにかくベトナム人スタッフの機転というか、状況把握して違う方法でアプローチ。


そして10日後・・・

先週に入国管理局に提出した書類が承認され、
入国管理局承認書を取得しました。(cracker)


嬉しい、可愛いメールが来た。


日本人(ベトナム語ができない)には難しい手続き、と言われたことを痛感。
ベトナム語ができればいいか、といえばそうではなく、、、
ベトナムにとっては役所はとにかく厳しい。
黒くても白といえば白?みたいな人もいたり、、、、ワイロを要求されることもある。
(ワイロはだいぶ減ったと言われるけれど、無くなったわけじゃない)

領事館の方が口にした、
ぜひベトナム人のスタッフ、人たちに協力を経てください、
(しかもコミュニケーションスキルが重要です)をしみじみ。

こうしてホテル予約と、チケット予約に進めたのです。
めでたしめでたし。


移住生活ランキング

進んでいます! (Ho筆)

すっかり秋が進んでしまった・・・
IMG_4020


前回から、すっかり筆が止まり。。。
心が折れたっていうことよりも、仕事とその後の進捗が加速して
ちょっと時間が経ってしまった。


手っ取り早く状況をいうと、色々あったけれども
今は25日の出国に向けて準備中。

まさに今日、航空会社から正式に予約の連絡が来る・・・はず。

あとで時を戻しながら、振り返るつもり。
夫Seiは、前回のブログで私が書き散らしたことでドン引きした、、、と言っており
そうですよね、私も心の整理がてら書いたらただの愚痴というか
まとまらない人の文章になっていた(汗&反省)


書類が拒否される、という、まぁベトナムではあることだけれども
もしダメだったら、、、、どうしたら、、、、で小パニック。

現場で慣れてる? 夫とスタッフの動きで、正攻法でダメならこの方法で・・・が
功を奏しクリアしたのです。

あとはPCR検査を今週末に受けて、陰性結果証明書をもらうのみ。
コロナ感染者急増中でドキドキしていますが
今は風邪にもコロナにもかからないよう人混みを避け中。

ベトナムの地に立てるのも現実化してきました。
ホテルとか事前準備とか、、、、色々あるけれどもゴールは見えてきた!!



移住生活ランキング

★PCR検査の病院決定するも・・・Step2の壁目の当たりに(Ho筆)

ベトナム・ホーチミン→東京→愛知 別居生活235日目。

巨木金木犀

秋の季語だったかいな? 深まる秋を象徴する金木犀が満開。
玄関の扉を開けると、金木犀の香り爆弾が弾けるではないか〜
そんな日本の秋を・・・まさか味わうことになるとは。。。


えっと昨日は本当にまいったなぁ〜
bad news連続だった。
書く気力、まとめる気力も失せてしまった。


でも、気を取り直して記録はしておかねば。
こういうこともあるのだ。
専門家に任せず、単独でやると1歩1歩なんです。

まずはPCR検査です。

現段階で、ベトナム入国の予定、航空チケット予約が決まった! 

11月25日 水曜日
成田発 JAL便 (JL759) 17:50 → ホーチミン着 22:30 予定


入国のためには、
ベトナム政府のルールで入国の際にPCR検査陰性証明書の提出義務がある。

申請書類の日付が、入国する3〜5日前であることが重要。

私の場合、
11月20日(金曜日)か21日(土曜日)に検査を受けて、
証明書を作ってもらうことになる。


*平日なら3日間猶予はあるけれど、基本的に病院は日曜日休み。
 だから金曜日、土曜日にやっている病院を探すしかない。

愛知県で予約してたところが、この日の検査は無くなった、と連絡あり
キャンセルに。
ガーン!!!(実はこれ序の口・・・) 
(検査員が人数が少なく、無理だということ)

1ヶ月以上先の予約でOKもらったが、いろいろシフトを作ったら
無理だったということらしい。
11月は、21、22、23日と勤労感謝の日が加わり3連休になる。
つまり月曜日の祝日、病院もお休みなのです。
病院の事情もある、医療従事者のシフトにも変更があるわけです。


ということで、
急遽、ベトナムのスタッフに連絡して・・・伝えていた病院をキャンセル、
変更することを伝えた。

病院は土日休みが多くて、しかも祝日があるため病院が休みなんだよ・・・など、
状況説明を日本語で説明するのも面倒だし、日本は祝日が多いことなど関係なくて
(ベトナムは祝日が少ない!)拙い英語で伝えるのだ・・・。

とはいえ、提出書類を作ってくれているので、この情報も大切かと思い平謝り。
アワアワしながらメールするもんだから・・・

ベトナム人スタッフから
Hoさん、
心配しすぎよ〜、連絡するから待ってね。

これだけでもう涙目。。。

で、午前と午後、みっちり時間をかけて病院探し。
手間取ったなぁ・・・年取ったなぁ・・・手際が悪くなった。
ちゃっちゃ整理できないのだ、以下のことくらいすら(悲しい)

*土曜日に営業している病院が少ない
 (大きな病院はほぼお休み。小さなクリニックがやっている場合が多い)
*1日で検査、結果&証明書作成する病院は激減!
 (基本的にPCR検査の結果は24〜48時間かかる)



ベトナムスタッフからもらった病院リストとピックアップした病院の
HPを照らし合わせつつ
(↑各病院、pcr検査について表記が様々で
  知りたい情報を得るには読み込まないといけない)
  電話をして確認。

【必須確認事項】
1)ベトナムでは、鼻咽頭ぬぐい液(スワブ式) RT-PCRであること
  唾液によるPCR検査も増えている(短時間で証明できる)
2)20日金曜日、即日検査・証明書受け取りできるか? 
 できない場合、翌日(21日 土曜日)に証明書を入手できるか?
3)で・・・料金は、おいくら?




そもそもベトナム政府公式のリストから選んでいるのだから、
1)の条件は、楽々クリアの病院かと思いきや
  確認したらそうでもなかったのだ。
  さすがベトナム、いや、日本の病院も状況が変化しているってことだろう。


私的には、できれば近くで検査を受けたいと思っている。
フライトは千葉・成田からだけど、
PCR検査のために、東京に移動して宿泊するか、いったん戻るかも考えた。
連休も入るとなると、お金もかかるし、人との接触も多くなるので不安。
とにかく感染しないためには、東京よりも愛知かな、と。


ただ近場で見つからなかったら仕方ない。
東京、もしくは、筑波のクリニックを考える。

なんと、筑波のクリニックは、即日受診、結果が出る、という情報を
御子息が受けたという、mamaさんからいただき嬉しい限り!!
その選択は考えてもなかった。
(高速バス使えば交通費は安いってこともわかったし・・・)
しかも魅力は、検査費用がベラぼうに安いのだ!!
なんと1万5000円!
(英文証明書作成付けて、このお値段!!)

本当、お得です!


今回、各病院を調べて本当にいろいろわかったことがある。

●共通して言えたのは、メールで予約と促す病院もあるが
 HP情報だけではわからないことが多い。
 結局電話かメールで確認。メールで質問事項をして打ち返しをまつ病院も多い。
 (それだけ問い合わせが多いってことですね)
 OKだったら、メールで予約する。

 当日はDLして問診票を表記してきてくださいとか、
 ベトナムに提出する証明書を添付、または印刷して持ってきてください
 その時に各項目(名前、住所、パスポート番号、ベトナムでの住所なども)記入をだとか
 パソコン弱者には少々厳しいことも。

とは言え、嬉しいやりとりも。
●渡航者PCR検査に慣れている看護師さんは、どちらの国? と聞かれるくらい
 どの検査方法なのかわかって話も早い。

●東京のあるクリニックだと、ベトナムの場合は・・・と日程のこともわかってて
 11月25日便は、祝日が入るし大変ですね・・・などと声をかけてくれる。
 私の切羽詰まった、アワアワした状況の中、
ふっと頭を撫でられたようで惚れてしまいそうだったwww
(30代くらいの男性、おばちゃん、ホロリときたくらい心中ボロボロでした)


そして大事なお金についても・・・
●検査代(英語による証明書作成含め)3万円代から5万円代までいろいろだ。
 (そう思うと、本当に筑波ば別格の安さですな〜)


このように、まぁ、いろいろ煩雑なことは多いのです。
パソコン使えない人は、もはや置いてけぼり感もある。
そりゃ、旅行会社などが仲介に入るわけですな。
子連れの妻がワンオペでこれをやってきた! なんて人は、ベトナムで抱きしめたい。
尊敬します。


私はヒィヒィ行って、2日かけて、
ようやく地元のクリニックを見つけることができたのだ。
金曜日に検査して、土曜日に申請証明書をもらう。(日程確認した)
料金は4万円。高いけど、交通費とか考えたら・・・範囲内。

ふう力尽きた。。。。心が黄昏た。

秋空 長くて1023



そんな矢吹ジョー状態になっていたら、
ベトナムのスタッフからメールが届いた。




ホーチミンの入国管理局から、
提出書類が却下されました
・・・との連絡。


2度見したよ。
老眼だから見間違いかなと・・・でも本当だったw

ガーン、
ガーン、ガーン
と遅れてww
頭の奥の奥の芯の方から低い音が響いてきた。



Step2、 入国管理局の壁は厚いとは思っていたが・・・
そこ付いてくんのね〜〜〜。ふぅ。


夫Seiは、特別プロジェクトで徹夜仕事だし、、、
今日の私の全部のアワアワ状態はわかってないけど、
時々気にしてくれていて
ベトナム人スタッフとやりとりしてくれている。



そして遅れてメールが来た。
対策、考えているから大丈夫!


心強いけれども・・・
おいおい、どういう了見でそんなこと言えるのかいな・・・と
頭がポロロン状態で思うのだよ。

でも、、、、
そういえば、うちの夫っちゃー、最高に前向きなのである。

ということで、進めつつも、いったん小休止して明日から切り替える。
この日はみんな目一杯、頑張っていたのである。

さぁワイン飲んで寝よ。


移住生活ランキング

PCR検査/土日挟むと問題、大問題・・・(Ho筆)

大変な1日だったなぁ、、、ふう〜

PCR検査の予約をしたはずが・・・いろいろあってキャンセル。
もう一度探し直しになった。

フェルデイナンド刺された


「花のすきなうし」
フェルジナンドが受けた衝撃のごとく。。。。


いいのだ、今、わかったことは修正できるから。
ベトナム政府が公認しているPCR検査対応可能な一覧を再度チェック。
ずいぶん数が少なくなった。

前に領事館の説明会でもらった一覧から、抜けた病院があるなー。
(スワブ方式=鼻咽頭ぬぐいではなく、唾液検査に切り替えたとか、
 抗体検査に切り替えたとか・・・様々な事情でしょうね)

知らぬ間に更新されるのがベトナム。
気を緩めたらダメなのね。
常に最新をチェック、チェック、チェック!

ベトナム人のスタッフは細かく資料を送ってくれるから助かる。
本当にありがとう(泣)

全国一覧から、病院を探し出す。
HPチェックして診察日など確認し、いけそうだったら電話をして確認。
その作業をずっとやっていた。

ベトナム入国の3〜5日前の間に発行された証明書が必要。
検査日ではなく、交付日
     ↑ここ注意!
重要なのは受け取る日付


なかなかこの日付にもらうことができる病院が無い。
なくは無いが限られていることがわかり右往左往。
ってか、頭抱えております。

まだ完全に解決していません。
疲弊したので、今日は寝る。



移住生活ランキング

入国準備 Step2へ PCR検査、航空チケットの予約準備(Ho筆) 

別居生活231日目。

先週末、人民委員会からのOKが出てからというもの
ベトナム人スタッフの動きが素早い!
本当に嬉しい。


ドーナツ読書

わーいわーい。
手作りカボチャドーナツ頬張って、図書館から借りた本に夢中になっていたら
PCR検査を受ける病院の一覧が送られてきた。
このリストから、どこにするか決めて欲しいと。

フムフム、そうだよね。どんどん突き進もう!


2ヶ月ほど前、領事館からのリストを見ていたので、なんとなく目星を付けておいた。
海外(ドバイ)に戻る時にPCR検査を受けた友人にも、対応のいい病院を教えてもらった。

ただ・・・ベトナムの場合は、リストから除外されてしまう病院もあるよう。
照らし合わせができないので、ここはベトナム人スタッフのリストからピックアップする。
東京の病院ではなく、地元愛知県で受診することにした。

東京でいろいろやる手続きはあるけれど、なるべく最小限の宿泊にして空港に向かいたい。
冬が到来する日本、人口の多い東京はやはり心配。
感染リスクは低く低く。
ここまでたくさんの人たちに協力を得ているので、直前で感染したら本当にショックなのだ。


今、住んでいる愛知県の病院もリスト入り。

●渡航者のPCRについて問い合わせをする。
 病院のHPトップページには PCR検査は医師の判断がないとできません、と
 大きな文字で表記されている。

検査を受けたい問い合わせが殺到しているからでしょう、なかなかサイトが見つからず
電話で聴いたら、外来ワクチン、という特別なアクセスを教えたもらった。
(担当も分かりにくくてすみません、、、と何度も謝っていて、大変だな、と察しました)


☆渡航用PCR検査の予約はメールORファックスで
☆検査を受けた翌日に結果は出る
 検査代・・・聴くの忘れた(おそらく3万〜4万円?)
 英語の診断書も翌日に作成してくれる(5500円)

ということで、2日間を見ておけばいい。

でもよーくチェックしないといけないのが日程だ。
PCR検査するのは、渡航する3〜5日前、
ただ検査は土日やってない場合もあるし、
文書を作成されなかったら日程がずれる・・・
逆算を間違えないようにしないと。

土日挟むとややこしくなるな〜〜〜〜

これまでベトナムに入国した人で、
この日程の計算、やりくりを間違えて、アワアワしていたブログやツイッターを
読んでいるので・・・きっちり考えて準備しよう。

入国のドキドキ、どこにトラップがあるかわからない緊張感はまだ続く。
少しずつベトナムに近づいて入るものの、まだまだ遠いな。




移住生活ランキング

★ホーチミン市人民委員会の承認を受ける! (Ho筆)

別居生活227日目。

昨夜、嬉しいメールが届く。

ベトナム人のスタッフから日本語で来たのが、
待ちに待っていた申請受理の連絡!!

書類を出したのが10月1日なので、およそ2週間ですね。

IMG_3767

まずは、ホーチミン市の労働傷病兵社会福祉局
結婚証明書やら、翻訳資料やらを提出。
これがOK、承認されたというのです。

よかった、よかった、一安心。
Step1がクリアです。

嬉しくなって、自分の名前をチェックする。
ファイルの50番目。

添付資料pdfを開くと・・・・
ん、ん、ん〜〜〜

20ページを超える資料がありまして。
フムフム、今回のStep1をクリアした人たちね〜と
スクロールしていくと・・・

あれ、これ、全部名前とか、国籍とか、パスポート番号も?
えっとめちゃめちゃ個人情報が開示されてました笑
ざっと200人以上ww
さすがベトナムですな〜。

日本人の他に、台湾、シンガポール、アメリカ、イギリス・・・
日本以外からの入国が多いこと。
もしかしたら飛行機が同じになるかも、と日本人をチェックしまくる。
男性が多かった。(ほぼ年下だったわ笑)
もし困ったら助けあおう・・・と念じる。


さぁ次は、Step2、入国管理局の承認の取得です。
ここが上手くいけば、、、、。

ということで、本格的に、エアチケット、ホテルなどの準備へ。

ありがとうお知らせ

すぐさまベトナムスタッフたちと喜びを分かち合う!
いい週末!!




移住生活ランキング

スープの冷めない距離・夕食だより(Ho筆)

ベトナムー東京ー愛知・・・別居生活は226日目。
まだまだ続くよ、かなわんな〜。

コロナのせいで実家暮らしになったけれど、
新しくできた緩いルールみたいなのが結構気に入っている。

それは、夜6時半くらいになると知らせる、
姉へのお品書きLINE。

例えば、昨夜はこんな感じ。

本日のお品書き
【揚げ物】 鶏肉の天ぷら、ニンジンとピーマンの素揚げ
【キノコのソテー】 エリンギ、エノキダケを大根おろし餡とともに
【ポテサラ】 魚肉ソーセージが具材。バジルソースたっぷりめ。

よろしければどうぞ〜〜〜Ho食堂、ってな感じ。


母親の食卓を整えながら、キッチンで適当に写真をとって送っている。

鳥もも肉ふんわり卵衣揚げ


10分もすると姉からの返信が来る。
どうも、今帰宅。
ボチボチ行きまーす。


普段は、仕事を終えて、息子と夫、別宅の実母へご飯を作ってくれている。
大変だよね〜。
そんなの実情を目の当たりにして、つくづく感謝している。
妹の私は、東京出ちゃって、好き勝手やって、次はベトナムだものね。
姉に任せっきり・・・現実いろいろわかりました。


慌ただしくドアを開けて入ってくる姉へ
今日はさぁ〜、味付け失敗しちゃってさぁ・・・
味付けの言い訳もしたり、今回は、ふっくら鶏肉の揚げ方成功したよ!
(衣わさぁ〜〜〜粉まぶして卵を絡めたら、卵衣であげたら柔らかいよ!
失敗しないね)など、料理話やオススメの食べ方を伝えたり。

おかずをギュウギュウに詰め込んだタッパ容器を差し出す。
他にも、野菜のお浸しや昨日の残りの惣菜もあるよ・・・と
冷蔵庫から追加を差し出したりして。

姉からは、
昨日の・・・と空のタッパ容器を受け取る。
このタッパ交換が私は気に入っている。
交換日記的な・・・文通・・・いや、違うけど。。。


なんか役に立ってる感じぃ〜。


私は、82歳になる母親のアパートに居候。
歩いて1分もかからないところに姉夫婦(中学生の息子)は住んでいる。
そうスープの冷めない距離でタッパ交換。
夕飯で文通している感じ。

もともとべったり仲良し姉妹ではない。
ただ身内特有の、ゆるゆるだらだら遠回りした
道草しながらみたいな会話は永遠に続くのだ。
今は、それができる感じ。

姉は圧力鍋はいいのよ〜と、台所でテキパキ使いながら
熱く語り始めた。
前々から使ってみたかったが、重いし、扱い面倒そうだし、
ホーロー鍋でいいや〜と思ってた。

圧力鍋

いざ、使ってみたら・・・・便利である。
さすが、忙しい故、時短を優先しつつ美味しさを求めると
圧力鍋は最強な道具であるのだね。


年季が入った圧力鍋をほぼ毎日のように使っている。
5人分の食事を仕込むにはもってこい。

ガチャン! と蓋を閉める時の音も、大袈裟だな、と思うけど
完了しました、加熱準備OK! と返事をもらったようで頼もしい。
メカニカルな動きも面白い。

じゃがいも、サツマイモ、カボチャ、大根・・・
夕飯終わってからから明日の作り置き準備。

いいな〜、圧力鍋。
便利だな〜〜、圧力鍋。
美味しくできるな〜〜、圧力鍋。

届けこの声、ベトナムにっw



移住生活ランキング

別居生活225日目 健康診断結果(Ho筆)

秋バテなのか、体調がずっと悪いのは歳のせいだと思ってた。
それにしても頭が痛いなぁ。
片頭痛はあったけど、なんか違うなぁ。

父親が高血圧で他界したから気をつけてた。
若い頃は血圧は高くなかった(むしろ100を切ることもあり低血圧)のに・・・
ちょっと測ったらボーン!って高くなってた。
げ・・・・・なんだこれ。 
歳のせいだよな、と何度も測ったけど。。。


ベトナムに戻る前に体調は整えておこうと病院へ。

すると先生がとても親切で血圧測りつつ、
そんなに頭痛いのなら
脳検査MRIしましょうか、と。
血液検査で、血栓症状のチェックもしましょう、と。

お願いします〜〜〜と即答。

検査報告0917



結果、何も問題はなかった。
いたって健康。

頭の中を数ミリ単位でみてもらったんだけど・・・
血栓もないし、過去に何か症状があることもないですね。

一安心。でも、血圧はチェックしてみてください、と管理手帳を渡された。
「高血圧管理手帳」

血圧手帳

ゴシック書体で、名前もまんまで可愛くないです。

そんなの求めてはいけません、と言われるかもしれませんが・・・
渡されたこと事態がショックなのさ。
でも現実はみないと・・・52歳、いろいろあるお年頃です。

30〜40代とめちゃめちゃ不規則な仕事してきたのにさー
よくもまぁ〜
ここまで健康でいたことよ。

何もなく(ちょっとはあったが・・・)健康体でよくぞ生き抜いたことよ。
まずはこれを奇跡と呼ぼう。

先生には”減塩”、”ウォーキング30分以上”を心がけてと言われました。

ただ、、、、
あのぉ〜塩は少なくて家族から、味がしないとよく言われています。
ウォーキング、1時間歩くこと、毎日じゃないけどやってます。

もっともっと早歩き、腕振りしてブンブン歩きを心がけますかね。
ヨガも再開しましょうかね。

図書館噴水1012

図書館の裏側にある噴水が寒々した景色になってた。

秋を彩る公園を眺めながら、
エコBagの中には薄いけどなんだか重たいピンク手帳の存在ひしひし。
高血圧管理手帳を手にした記念日を噛み締める。



 
移住生活ランキング

別居生活224日目 母親と娘の関係(Ho筆)

リモート仕事をしながら久々の実家暮らしを堪能している。

明かに母親と娘の立場は逆転してるんだよね〜。
以前は口喧嘩もよくあったけれども、
今は身体の小さくなった母親の1日の行動を見ながら何気ない昔話も楽しんでいる。

子供の頃、手作りおやつっていえば”蒸し芋”だね〜とか。
芋けんぴ、大学芋もよく食べたなぁ。

懐かしい話をながら、冷蔵庫で出番を待っていたカボチャペースト を思い出す。
スープなら手軽だけど、いまいち、そんな気分でなく冷蔵庫にしまったまんま。
で突如、ドーナツ気分になったのだ。

ドーナツスイッチが入ったものの、いつもの気まぐれなので目分量で分量を合わせる。
お菓子作りにはいけないことだが・・・ドーナツくらいは大丈夫かと。
案の定、生地発酵に苦労したものの、なんとか形成。

ドーナツ

それなりの形になった。
作ることに満足しちゃうので、小さなドーナツ20個あげるとスッキリ!
母親に味見して〜と渡したら、歯応えあるわ〜といいながら素朴な味に満足してもらえた。
明日の朝ごはんにもしようと。
仕事から帰ってきた姉も、これ全部欲しい・・・と1つモグモグさせながらテイクアウト。
やっぱり手作りのおやつは甘すぎず、油もたれもない。


コロナのおかげで半年以上、日本にいることになり、
これはきっといろいろ考える時間なんだなと。
コロナ疲れという精神的な窮屈さはあるけれど、母親や実家のことを考えるいい機会。

こんな秋空を眺められるのも、ベトナムに戻ったらあまりないだろうし。

秋の長久手空


一昨日の夜は、母親がラジオを大音量でかけていてちょっと大きすぎるな〜、
隣に文句言われないかな〜〜と心配になり寝室をこっそりのぞいた。

そしたら、身体をゆっくり動かして体操みたいなことしてる。
寝る前のストレッチらしい。運動嫌いで、全くしなかったのに・・・笑。

そして聴いているのはNHKーFM 松尾潔のメロウな夜
私もたまに聴いたりする。
仕事もご一緒したり、あのR&Bについての解説、情報量は聴いてて楽しいし。

でも、82歳の母親が聴くとは・・・。
「この松尾さんって人は、すごく詳しいのよ。
 知らない音楽を教えてくれるからいいよ」と勧めてきた。

何より JUJUのことが好きだっていうのも驚きだ。
アバンギャルドな思考があるのは知っていたが、
年齢を重ねると好みがストレートに出るようだ。
母親ながら、新しい感覚を素直に受け取る人だなぁ〜と感心。

私も年老いても爆音で音楽を聴くのだろな、と納得している。
ちょっと嬉しい夜。


 
移住生活ランキング

ベトナム(ホーチミン)→東京→←愛知 別居生活223日目(Ho筆)

ベトナムの感染状況をチェック、12日午前段階で
感染者は1109人。死者は35人。
感染者の1024人が回復。(92.3%にあたる)
外国からの入国で陽性者が出ていますが、市中感染は40日間、
ゼロを継続中。

着々と外国人(日本人)がベトナム入りしてる。
でもちょっと気になる情報もあって・・・

JALから、10月15日の特別便で
ベトナム国籍のお客様は搭乗できないとの連絡あり。
ベトナム航空局からの通達と言うから仕方がない。
今週木曜日の便だから、きっといろいろ準備をしていただろうに。
結構、寸前でこんなキャンセルがあるもんだから安心してられませんな。
今回はベトナム国籍の人たちだけど、これが日本人ってこともあり得ること。
本当、戻るの大変だわ。


でも気持ちを強く持って行くしかないのよ。
そんな時に、昨夕、飛び込んできた作曲家、筒美京平さんの訃報。

オザケンの
♪強い気持ち、強い愛♪ がラジオから流れてきたよ。

気持ちを強く持ちたいのよ・・・。

ネギハート


気持ちが落ち着く場所って言うと私にとっては台所。

ネギを切ってたらハートがこんばんは。
ふふふ、なんかラッキー〜〜〜〜
思わず、夫Seiに送ってしまった。。。
恥ずかしいがな。でも送ってしまった。。。ははは。



移住生活ランキング

仕事仲間の1周忌。東京へ・・・(Ho筆)


コロナで変わってしまった日常。
ベトナムに戻れず222日が経ちました。
猛暑の夏がすぎ、すっかり秋へ。

0914

厚手の服はあまり持ってこなかったので困ったなぁ。
来月には戻るつもり満々なので、あまり買いたくない。
ユニクロのヒートテックと、母親の洋服を見ながら借りたりして。

そんななか、先週末に急遽東京へ。
昨年、仕事仲間が亡くなって1周忌のお墓参りです。

志半ばの急逝、誰もが信じることができなかったあの日から1年か。
ベトナム・ホーチミンの自宅で、蒸し暑さと、オートバイの騒音の中で
LINEにきた訃報。数日前にやりとりしていたので・・・信じるどころか
耳鳴りみたいな白昼夢状態。時間と共に、ようやく受け入れた。
今年の夏の大きな仕事を終えたことも報告したい、と思っていたところ。
ベトナムに戻る前には必ず行きたかった場所。

そこで連絡があったのですぐに予定をたてて東京へ向かった。

都心のマンションで、完全個室の納骨堂。
マンションに入るとコンシェルジュがいて、お参りしたい人の名前をいうと
参拝室へと案内される。デバイスで写真が出てきてお参り。
お花もお線香も無用。新しい形のお墓参り、噂には聞いていたけど。
未来型のお墓参りと思っていたら、現実だった。

でも、ちゃんと挨拶ができた。
パートナーの方とも改めて顔を合わせ、話をすることができた。
パソコンを開けられないって・・・そうだよね。

山田さん一周忌

仕事仲間と一緒に献杯。
たくさん思い出話をした。
破天荒なエピソードがいっぱいあって、今は笑って話ができる。


でも、まだ整理はできていない。
ただ少しずつ未来に向かって進んで行こうと。

次回もまたいいものを作ろうと。

そして、ベトナムを経つときは、また挨拶に行く。





 
移住生活ランキング

ホーチミン→東京→愛知:別居生活 220日目(Ho筆)

久々に確認したらビビったデス。

3月5日に日本に来てから、ずっと帰れない。
夫Seiとのベトナム離れ離れ生活が220日になりよった。

200日を超えるとはねぇ。
半年超えることになった頃には、
数を数えるのはやめようって思ったんだけど、、、、。

今は、ベトナムスタッフから申請受理のメールを待つ。
日本人の方々が続々とベトナムに渡り、隔離生活を終えている状況を
覗き見しながら、指を加えております。
私ももうちょっと・・・頑張ろーって言い聞かせるしかない。


わかっている、わかっているのよ、
申請の書類が受理されるまで時間がかかるのは承知。
長いなぁ〜。

家宝は寝て待てなのに、ついついググってしまう。
そしたら出てきた。

国際線中止かも


https://vetterbusiness.com/?p=13766 


ベトナムは組織的なシステム作りが得意でないみたいなので
一挙に海外から人が押し寄せたら、案の定、ホテルが足りなくなっただの・・・
問題が出てきたらしい。

11月の運行が中止になりませんように・・・てか。
申請が受け入れられますよう〜に。

いろいろ心配になるので、嬉しいニュースで上塗りしておく。

雑貨ニュース

ちょうど、夫Seiの会社が 
ホーチミンの無印良品の準備で大忙しで心配なんだが
MUJIがきてくれるのは個人的に大歓迎!

で、ニュースによると中国(MINISO)と韓国(JAJU)の生活雑貨も
進出だそう。なんだかベトナム、ホーチミンは雑貨天国じゃないですか。
興味は広がり、面白いものがどんどん試せる!



移住生活ランキング
プロフィール

vietnam2519

2017年6月に夫sei、翌年11月に妻ho、渡越。ホーチミンの団地(賃貸)をリノベーションし生活をスタート。ローカル市場でお買い物&飲食する暮らし。バイクでトコトコ二人乗りのちょこっと旅も。ベトナム移住を楽しむ、アラフィフ夫婦の徒然凸凹記録です。

ギャラリー
  • いよいよベトナムへ!(Ho筆)
  • いよいよベトナムへ!(Ho筆)
  • いよいよベトナムへ!(Ho筆)
  • いよいよベトナムへ!(Ho筆)
  • いよいよベトナムへ!(Ho筆)
  • いよいよベトナムへ!(Ho筆)
  • 成田へ移動(Ho筆)
  • 成田へ移動(Ho筆)
  • 成田へ移動(Ho筆)
  • ライブドアブログ